テニヌの玉子様

カプ検索で辿り着いてしまった方はブラウザバックしてください。検索避け導入。拡散目的はありません。リンク整備中。

ぺぎらもの記憶改竄虚言癖


ぺぎらもとは炎上の1ヶ月前に私と好き作家さんを巡ってもめました。
それについて、炎上後は言っていることが都合のいいようにすり替えられていたという話です。


炎上直後に、ぺぎらもからもらったメールにそのケンカについても言及していました。

これをふまえ、私は自分の「事件1の際の鳩子さんへの謝罪」を全て撤回します。
鳩子さんの発言は信用に値しないと判断し、自分に悪いところがあるのはもちろん認めるが、鳩子さんと私は同じ立場になり、お互いさまになってしまったので、鳩子さんに謝罪する義務は無いということです。

私は「謝罪を促した」覚えはないし、「欠点を指摘した」のではなく、すべての連絡を絶たれたので「連絡できなくなったので話し合いは無理です。これで終わりにしましょう」といった内容のメールを送ったら、直後にぺぎらもから謝ってきたのです。


私の三行半の直後に送られてきたぺぎらものメールは、論点からずれた完全な身の上語りになっており、たてつづけにものすごい長文を何通も送りつけられたので、こちらが参ってしまい、「私はもう怒っていないし自分を責めたり追い込むようなことはしないでほしい」とメールを返しました。


その件を、ぺぎらもが専スレに書き込んでいました。

238:名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2014/03/27(木) 09:34 B7K2+ZPf0
鳩子はガチで怖ええよ?マジ池沼。あいつ、こっちが無視しても応答するまで電話掛け続けてくるから。
着信履歴が何件もズザーっと鳩子で埋まってるの想像してみ?
なあ。ホラーだろ?

この書き込みを見て、すぐにぺぎらもだと分かりました。
前後の説明抜きで、このような書かれ方をされると誤解を生むので事実を書きます。


出だしは13年末、ぺぎらもが私の一番好きなかつての樺跡の描き手さんをdisったことから始まります。
ぺぎらもいわく「あんなの樺跡じゃない」とのことでした。ムッときた私はぺぎらもの教祖であるエンさんの樺地はスパダリすぎて違和感があると言いました。


ぺぎらもは激オコになり(こっちだってオコでしたが)、私の方から先に不愉快な思いをさせて申し訳なかったと謝罪しました。
というのも、ぺぎらもは作品批判を人格否定にすりかえて発狂したので、誤解だと電話で説明したのですが無言でガチャ切りされました。
途中から無言になったこともあり、ガチャ切りか電話の調子が悪いのか分からず、何度かかけ直しました。恐らくその時の着歴のことを「着信履歴が何件もズザーっと鳩子で埋まってるの想像してみ」と書いたわけです。


折り返しもなかったので、こちらとしてもいい加減、ぺぎらもの性格の面倒くささに嫌気がさし、三行半のメールを送りました。

このメールが私からの最後の連絡になります。


昨日の夜から年末のSkypeメッセージの件含め、Twitter含め、その間のぺぎさんの私に対する対応を考えていたのですが、昨日のメールはなかったことにしていただきたいと思います。今後一切、私から連絡したり接することはしません。


こちらがいくら言葉を重ねても、伝わらないし理解していただけないことと、私を猜疑心でしか見ていないこと含め、このまま付き合いを続けても生産的なものは何も生まれないと判断したからです。
あなたが私を「加害者」にしたように、私はあなたを「自意識過剰な被害者意識の強い方」だと思っています。そして申し訳ないのですが、自分は一番この手のタイプの人が苦手で、そういった性格の方はこちらから付き合いをお断りしています。


今回の件で言えば、私が悪意でしか感想を言ってないと思い込まれたこと、エンさんの作品に抱いている疑問や違和感も「あら探し」の一言で片付けられたこと。Twitterも空リプだと思い込まれブロックされたことから、私が悪者=加害者サイドにされ、それに対するあなたの発言は、自分の意見に微塵も疑いを持っていないし、私を悪人にした前提で被害者の立場からしかものを言ってないのです。


こうなってくると話にならないというか、いくら話し合っても無駄だと思い、私から身を引かせていただこうと決めました。
私は人から好かれたいために同人をやっているわけではありませんし、人から嫌われることを怖れていません。どうぞお好きなだけ、私を悪人だと思い込んでください。


最後にお貸ししたままのドリライDVDですが春コミで返してください。私からは話しかけませんので、そちらから返却していただくようお願いします。
それでは、さようなら。

すると数分後にぺぎらもから長文のメールが送られてきて、ぺぎらもからブロックしたツイッターについても、「許して下さい。せめてもう一度フォローさせて下さい」>と泣きついてきました。


以下がぺぎらもからいただいたメールです。改行などはそのままにしてあります。正直、読みにくい上、読み返すのも億劫なので、太字装飾などなしにします。

自分の意見に自信が持てず、何をやっても後悔するので今後は本を作れないと思います。以前からというか生涯の悩みだったのですが、自分で一生懸命考えたこと、3年間毎日考えつくした意見も、他人の指摘であっさり間違っていることに気づいてしまい、そのたびに苦しんできました。そのため私が何を考えても、結局間違った意見なので、鳩子さんに届くことは無いでしょう。
その、10年以上前から毎日悩んでいた部分を、鳩子さんが偶然触ったことにより、ずっと発散したことの無かった10年ぶんの不満や憤りが爆発してしまい、スカイプの日から何日たってもイライラしたままで、そのイライラを外に出せない性格のせいもあって、全く理性的な行動をとることができませんでした。そのためとにかく、はやく鳩子さんのことを忘れたいとばかり思っていました。
そんな個人的な事情の話は知らないとは思いますが、このような悩みは生まれて一度も誰にも話したことがなく、そうやって誰にも相談したことが無かったのが私の失敗の原因なのでしょう。
ある3年間は特に自分の屑なところが露出してしまい、同級生から「お前がやることなすこと日常の細かいことまで全て間違っているし、人格は人間の基準に達していない」という事を毎日指摘され暮らしていました。自分でもそれは分かっていたしなんとかしようと常に悩んでいたのですが、具体的に自分を変えるために何をしたらいいのかは分からず、結局気まずく団体から抜けることとなりました。その3年間に特に、もともと歪だった人格がさらにねじまがり、自分の意見は全て間違っているという強烈なイメージから抜け出せられなくなりました。それからも何度も失敗を繰り返し、どこへ所属しても気まずい関係になってしまい、自分が間違ったという事実を塗り重ねてしまいます。
しかし最近は人付き合いも落ち着き、人と会話ができるようになってきました(数年前まで、他人と会話がほとんどできず、面接などでも口から一切、あという音すら出なくなることが多かったです)テニスを描きながら自分の正しい考えを持てるかもしれない、人間らしくなれるかもしれないと思った矢先に自分の意見に対する見解を長文で述べられたせいで、これまでの自分の人生を全否定されたようなショックを勝手に受けてしまいました。他人ときちんとコミュニケーションをとれるようになったのがたった数年前からのことなので、鳩子さんのような長い意見を筋道たてて意見を述べられるような人とはじめて触れ合ったため、そのような事ができる人間が存在するという事実を受け入れることができませんでした。それができる人の前では私は残った最後の存在も消えてしまい、私が無くなってしまうため、必死に意見を作ろうとしましたが、やはり私のやることは全て間違っているのでした。それは前から知っていましたが、今度こそは、正しい意見を作れたに違いないと思いこむことしかできませんでした。そうしないと、会話はできていなかったし、最近上手くできたかもしれない、と思っていたことの全てが、実はやはり失敗だったと認めなくてはいけなかったからです。私のようなものが葛藤しているところにまきぞえにした為に、大変ご迷惑をおかけ致しました。

すぐに次のメールが届きました。

私は仲がよくなった人でも少し嫌なツイートがあるとすぐ無言ブロックしてしまうので、本当に薄情で相手を傷つけてきました。この歳まで友人関係をきちんと構築できたことが無く、だいたいの人と喧嘩別れしたり疎遠になったりしています。恥ずかしながら何故上手くいかないのか自分でよくわかっていませんでした。幼稚園のころからこんな感じでした。
前から言いたいことが言えなくてたまっていたのが爆発してしまいすみませんがわたしが何を考えていたのか隠さず話そうと思います。
まず、エンさんを好きな私にわざわざ色々聞かされて、そこからずっと怒りで理性を失っていました。これはエンさんをdisられたからというよりは、私に何故わざわざ伝えるのだろうという点で突然キレてしまいました。
それが、前から気になっていたのですが、私は鳩子さんのラジオではなく鳩子さんとの会話がしたかったのに、主に鳩子さんは正論をおっしゃるので私の入る隙が無く、この気持ちをずっと言わずにため込んでいました。
これに、先日の鳩子さんの討論会の話が自分に重なり、自分で電話を切ってしまいました。
これも信じられないような酷い行為ですが、そのとき鳩子さんが悪くないという選択肢に本当に気がついていませんでした。怒っているのに平静を装う、人間とは思えない酷い行為でございました。
思い返すほどに、自分が怒っていた理由が意味不明で鳩子さんに当たり散らしただけでした。
弁解になってしまいますが、自分は間違っていないと本気で思っていました。そこから全く思考を動かすことができませんでした。ごめんなさい。許してくれないと思いますが、本当に申し訳ありませんでした。自分があまりにも非道な性格をしているということに生まれてはじめて気づいたので、これからは人間らしい行動の取り方を心がけようと思います。今までの自分を殺し、心を入れ替えますので、どうかお許しください。鳩子さんは何も悪くありませんでした。呆れずに読んでくださることを祈っています。謝罪の電話をさせてくださるとは思っていません。今まで私がつきはねていましたので。二度とお話できないかもしれませんが、一縷の望みをかけてツイッターの方でフォロー申請させて頂きます。本当に勝手ですみません。最低ですね私。人間の屑ですね。

長文メールを短時間で、たてつづけに送られたこともあり、さすがにぺぎらものメンタルが心配になって返事を返しました。

おはようございます。
あのメールは返事不要の、いわば三行半だったので返事が届くのは想定外でした。
メールに記した「被害者意識の強い人」たちに対し、 その都度、私はああした文面で関係を解消してきました。その為、同じ理由から私を拒絶しているぺぎさんにも同じ対応をさせていただいたわけです。


ぺぎさんは学生さんであり若いことも考慮し、今回の件についても「みんな仲良しが望ましいのに、どうしてわざわざ波風を立てるようなことをするの」といった気持ちから、あのように接したのではないかと思っていました。
が、思った以上に私へのアレルギーが強固で、これ以上の話し合いは無理だと判断しこちらから身を引くことを決めたわけです。


しかし、今度は私のメール内容が厳しすぎたせいか、逆に追いつめてしまったと感じてます。
ぺぎさんは確かに被害者意識は強いけど、そうなっているのも本質的に「守り」に入っているせいだということも分かっていました。


同ジャンル内のマイナーな同カプ者同士の争いは見たくない避けたいのに、どうして自分を巻き込もうとするのといった防衛本能から、私を拒絶しているであろうことも分かっていました。
もちろん、私はカプ内論争を起こすつもりなど毛頭なく、単に疑問に感じていることを打ち明けたつもりです。


あなたのコミュニケーション能力を咎めるつもりも、意固地になっているあなたを批判するつもりもありませんが、こちらからの歩み寄りをしても誤解はより深く、傷が広がっていくのを感じ、あなたに今後関わらないことが一番だと結論をだしただけです。


ですから、自分の性格を咎めず自分を追い詰めないでください。
少なくとも私はあなたを追い詰めたくてメールを送ったわけではありません。
ぺぎさんの若さや今回の反応を考慮し、私という存在が重すぎると思い自ら姿を消そうと申し出たわけです。


私が苦手なら苦手で無理に仲良くする必要もないですし、もちろん話しかけてくださる分には今まで通りに接します。
あまり塞ぎ込まず一刻も早くいつものぺぎさんに戻って下さることを祈っています。
それでは、この辺で失礼します。

しかし、再び連絡が絶えたため心配して2度目のメールを送りました。

おはようございます。朝に送ったメールは読んでいただけたでしょうか?
私は今、ぺぎさんの精神状態(メンタル)の心配をしています。何度か電話したのもあなたが心配だからです。


私はもう怒っていません。
せめて今、どうしていらっしゃるか声だけでも聞きたいです。
私が相手では辛いとおっしゃるのであれば他のフォロワーさんでも構いません。
一言ネットにあがって下さるだけで構いません。連絡を下さい。待ってます。

すぐにぺぎらもから返事がありました。

すみません、ずっと寝ていました こちらも今実家で色々やることがあったので、反応が遅れてしまってすみません。
電話してくださったようなのでありがたいのですが、今電話に出ても声が出なくて恥ずかしいのでどうしても電話を取れないです、すみません
ここ数年は会話を始める際に、会話が異常に苦手なので言葉が出ない場合少し待ってもらうか促してもらう必要があるという旨を相手に伝えていました。しかし、これから就職活動の面接ラッシュもあり、そんな事を言うのが恥ずかしく、最近は調子も良かったので、普通の人として振る舞うことに必死でした。通常時は普通にしゃべることができるのですが、特定の話題や、特に自分の考えや意見を言う場面で沈黙してしまう事が多いのです。単に気持ちの問題でしゃべれなくなるので、別に病気ではなく、単に自分が悪いだけという事実も更に焦りを加速させていました。
どうもこのことを意識すればするほど悪化し、 この間よりも更に会話が成立しなくなり何も説明ができなく終わるのが自分でわかるのですみませんが文章でお伝えさせて頂きます。

これがぺぎらもの専スレへの書き込みの真相と、いわく私に無理やり「謝罪を促された」話の詳細です。

受信トレイが何件もズザーっとぺぎらもで埋まってるの想像してみ?
なあ。ホラーだろ?

広告を非表示にする